電話でのご相談予約はこちら

0120-023-016

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

アスベスト健康被害、賠償金・給付金請求を大阪の弁護士に相談

大阪でアスベスト被害にお悩みの方へ

大阪市内をはじめ大阪府でアスベスト(石綿)被害にお悩みの方は、ベリーベスト法律事務所 大阪オフィスの弁護士にご相談ください。

アスベスト(石綿)は、長ければ40年以上経ってから健康被害が出ることも知られており、まだその影響に気づいていない方もたくさんいらっしゃいます。 もしかしたら被害に遭っているかもしれないと不安に思われている方もいるでしょう。

アスベスト(石綿)を吸い込む可能性のある環境で働いていた経験があり、最近咳や痰がひどくなった、胸痛がする、横になると息苦しいといった症状を感じている場合は、お早めに医療機関を受診してください。治療はもちろんのこと、アスベスト(石綿)による健康被害であると診断されれば、国からの賠償金が受けられる可能性もあります。

平成26年10月大阪泉南アスベスト訴訟の最高裁判決で「昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間に、国が規制権限を行使して石綿工場に局所排気装置の設置を義務付けなかったことが違法である」という判断が示されました。勝訴した原告には賠償金が支払われています。

これに基づき、この期間に石綿工場で石綿粉じんにばく露する作業を行っており、現在アスベスト(石綿)が原因の病気に悩まされている方に対しても、一定の条件と病態に応じて賠償金が支払われることになりました。

しかしここで問題になってくるのが「賠償金」という仕組みそのものです。

賠償金は司法の判断によって支払いが決定されるものなので、対象の事業従事者は一度国を提訴しなければなりません。提訴するときは、基本的には必要な書類を裁判所に提出する必要がありますが、病気を抱えてさまざまな書類を揃えるのは容易ではないでしょう。

このように賠償金を受け取るためには、国を提訴するという大きなハードルを越えなければなりません。また、国は対象者へ向けて「アスベスト訴訟和解手続きのご案内」というリーフレットの郵送も行っています。この案内が届いた方は、賠償金を受け取れる可能性が高いので手続きされることをおすすめします。

また、届かなかったという方でも、同じ条件をクリアしていれば賠償金を受け取れるかもしれません。すでにご本人が亡くなってしまわれている場合も、ご遺族(相続人)の方が手続きできます。

病と闘っていらっしゃる方々や、被害者のご遺族のみなさまの心中は察するに余りあるものがあります。我々ベリーベスト法律事務所 大阪オフィスは少しでもみなさまのお役に立てるよう、親身になってご相談を承ります。賠償金請求のために必要な書類の提出など、裁判所での手続きは、基本的に弁護士が対応しますのでご安心ください。

和解により支払われる賠償金・給付金の金額

工場型アスベスト健康被害の場合

病態 賠償金額
石綿肺 病状に応じて550万円〜1,150万円
中皮腫・肺がん・著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚 1,150万円
上記石綿関連疾病による死亡 疾病・症状に応じて1,200万円〜1,300万円
  • ※遅延損害金等が別途支払われる場合があります。

建設型アスベスト健康被害の場合

病態 賠償金額
石綿肺 症状に応じて550万円~1,150万円
中皮腫・肺がん・著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚・良性石綿胸水 1,150万円
上記石綿関連疾病による死亡 疾病・症状に応じて1,200万円~1,300万円
  • ※肺がんで喫煙歴がある方や一定の短期ばく露の方は給付金が10%減額される場合があります。
  • ※症状が進んだ場合、死亡した場合には追加給付金を請求することができます。

国からの賠償金・給付金対象となる要件

工場型アスベスト被害の場合

アスベスト(石綿)工場で働いていた方やそのご遺族(相続人)の方々は、国に対して訴訟を提起し、一定の要件を満たすことが確認された場合には、損害賠償金を受け取ることができます。

  • 昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間に、アスベスト(石綿)を取り扱う工場等※において作業に従事されていた方
    ※局所排気装置を設置すべきであった工場等であり、これまでに厚生労働省によって労災認定等された数千もの事業場名が公表されています。詳しくはこちらをご覧ください。
  • その結果、中皮腫、肺がん、石綿肺、びまん性胸膜肥厚など石綿による健康被害を被った方
    ※労災保険や石綿健康被害救済法に基づく給付を受けていても、更に賠償を請求できます。
  • 提訴の時期が損害賠償請求権の期間内であること
    ※期間については当事務所にて確認いたします。

次のような工場で働いていた方々
救済対象になる可能性があります。

  • セメント、コンクリートブロック等の製造工場
  • スレートや煙突等の製造工場
  • 電気機械の製造工場
  • 化学繊維製造機械の製造工場
  • 自動車整備会社
  • など

お心当たりのある方やご遺族(相続人)の方は、お気軽にお問い合わせください。

大阪泉南アスベスト訴訟とは?

大阪泉南アスベスト訴訟は、大阪府南部・泉南地域のアスベスト(石綿)工場の元労働者やその遺族の方々などが、アスベスト(石綿)による健康被害※に関して損害賠償を求めた裁判です。
そして、平成26年10月9日の最高裁判決において、昭和33年5月26日から昭和46年4月28日までの間、国が規制権限を行使して工場に局所排気装置の設置を義務付けなかったことが違法であると判断されました。

※アスベスト(石綿)は、安価で多様な機能を有していることから、多くの建築物や自動車製品、造船業等において長い間使われてきました。しかし、空気中に浮遊したアスベスト(石綿)を吸い込んでしまうと、肺の中に長期間滞留してしまい、それが様々な疾病を引き起こす原因となります。
どれくらいの量をどのくらいの期間吸い込めば病気を発症するのかは正確には分かっていませんが、数十年してから発症することも一般的です。

国(厚生労働省)は大阪泉南アスベスト訴訟判決を受け、一定の要件を満たせば賠償金の支払いに応じ、対象者の方々への周知に努めるとしています。

厚生労働省から「アスベスト訴訟和解手続きのご案内」が届いている方は、賠償金が支払われる可能性が高いです。まずはご連絡ください。

アスベスト訴訟和解手続きのご案内のイラスト

建設型アスベスト被害の場合

令和3年6月9日、「特定石綿被害建設業務労働者等に対する給付金等の支給に関する法律」が成立し、同月16日に公布されました。

石綿にさらされる建設業務に従事した労働者等が、石綿を吸入することにより発生する疾病にかかり、精神上の苦痛を受けたことについて、最高裁判決等において国の責任が認められたことを踏まえ、給付金の支給について下記の要件が定められました。

  • 昭和50年10月1日から平成16年9月30日までの間に、一定の屋内作業場で建設業務に従事していた労働者や、一人親方・中小事業主(家族従事者等を含む)またはそのご遺族の方
    ※吹付作業の場合は昭和47年10月1日から昭和50年9月30日まで
  • その結果、石綿肺、中皮腫、肺がん、著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚、良性石綿胸水といった石綿関連疾病を発症した方、またはそのご遺族の方
  • 石綿関連疾病にかかった旨の医師の診断日又は石綿肺に係るじん肺管理区分の決定日(石綿関連疾病により死亡したときは、死亡日)から20年以内に請求すること
ご本人がお亡くなりになられている場合には、ご遺族(配偶者、子、父母、孫、祖父母又は兄弟姉妹)からの請求が可能です。

国の責任が認められた主な職種

大工、内装工、電工、吹付工、左官工、塗装工、タイル工、配管工、ダクト工、空調設備工、鉄骨工、溶接工、ブロック工、保温工、鳶工、墨出し工、型枠大工、解体工、はつり工、築炉工、エレベーター工、サッシ工、シャッター工、電気保安工、現場監督

これまで京都または大阪訴訟で責任が認められた建材メーカー

エーアンドエーマテリアル、神島化学工業、日鉄ケミカル&マテリアル、大建工業、太平洋セメント、ニチアス、日東紡績、バルカー、ノザワ、エム・エム・ケイ

給付金の支給開始は、令和3年6月16日から1年以内で,政令で定める日からとなります。
新制度の運用開始に向けた手続きについて弁護士がサポートいたします。まずは、ご相談ください。

また、国だけでなく、建材メーカーからも賠償金を受け取ることができる可能性がありますので、お心当たりのある方やご遺族の方は、お気軽にお問い合わせください。

弁護士費用

相談料0円・着手金0円・調査料0円

ベリーベストは調査の結果、国から一定の支払いが見込めるなどと判断できる事案について、着手金はいただきません。
国から実際に賠償金等の支払いがあった場合にのみ、事件終了時、賠償金等の中から報酬金をいただきます。

相手方
内容 国に対する賠償請求訴訟(工場型・建設型)
※和解を前提とした損害賠償請求
国に対する給付金の請求(建設型)
費用
・着手金
0円
・報酬金
賠償金等受領額の16.5%(税込)
・事務手数料
1万1,000円(税込)
相手方 内容 費用
国に対する賠償請求訴訟(工場型・建設型)
※和解を前提とした損害賠償請求
国に対する給付金の請求(建設型)
・着手金
0円
・報酬金
賠償金等受領額の16.5%(税込)
・事務手数料
1万1,000円(税込)
  • ※国から賠償金・給付金の支払いがなかった場合には、事務手数料もいただきません。
  • ※上記の弁護士費用は、事案の難易度、証拠収集状況、相手方の対応等によって個別にご相談させていただく場合があります。
  • ※上記弁護士費用は、消費税額を含んだ金額です。弁護士報酬等が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-023-016

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >
メールでのお問い合わせ

大阪オフィスの主なご相談エリア

大阪市北区、大阪市中央区、大阪市西区、大阪市浪速区、大阪市西成区、大阪市港区、大阪市此花区、大阪市西淀川区、大阪市東淀川区、大阪市東成区、大阪市天王寺区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市旭区、大阪市福島区、大阪市都島区、大阪市城東区、大阪市生野区、大阪市阿倍野区、大阪市東住吉区、大阪市淀川区、大阪市鶴見区、大阪市平野区、大阪市住之江区、豊中市、池田市、箕面市、豊能郡、能勢町、豊能町、高槻市、吹田市、茨木市、摂津市、三島郡、島本町、枚方市、寝屋川市、守口市、大東市、門真市、四条畷市、交野市、東大阪市、八尾市、柏原市にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ