電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

覚せい剤で逮捕されたらどうなる? 覚せい剤事件ならではの特徴とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月28日
  • 薬物事件
  • 覚せい剤
  • 逮捕
  • 大阪
覚せい剤で逮捕されたらどうなる? 覚せい剤事件ならではの特徴とは

令和元年9月、大阪府警は、覚せい剤を海外から関西空港へ持ち込んだ男女を、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕したという報道がありました。

日本では覚せい剤の所持や使用、輸出入などは覚せい剤取締法で禁じられており重い刑罰が科される可能性があります。本コラムでは、覚せい剤取締法の罰則や量刑の決め方、特徴や弁護の方針などを大阪の弁護士が解説します。

1、覚せい剤取締法の罰則

覚せい剤取締法は、使用・所持・譲渡・譲受・輸入・輸出・製造のいずれかに該当すると逮捕される可能性があり、それぞれ異なる処罰を受けることになります。ここでは、覚せい剤取締法の各罰則を解説します。

  1. (1)使用・所持

    覚せい剤を自分で使うために所持していた場合は、10年以下の懲役刑と定められています。

    「所持」とは、持ち歩いているという状態だけではありません。自宅や車、会社の机など自分の管理下に保管しうる状態にした場合も所持とみなされます。

    「使用」とは自己や他人の身体への使用は勿論、研究や薬品製造のために使用する場合も含まれています。尿検査で陽性反応が出た場合には逮捕されることになります。尿検査の結果は、状況によって異なりますが、おおむね数時間程度で結果がわかります。

    覚せい剤を、知人からもらった、知人にあげたなどの譲受・譲渡の場合も使用や所持と同様に懲役10年以下の罰金が科せられることになるでしょう。

  2. (2)輸入・輸出・製造

    覚せい剤を個人の使用目的で輸入や輸出・製造した場合は、1年以上の有期懲役と定められています。

    罰金刑の設定はありません。有期懲役の上限は20年なので、最長20年の懲役を言い渡される可能性がないわけではありません。

  3. (3)営利目的での所持・使用

    覚せい剤の所持・使用・譲渡・譲受が営利目的の場合は1年〜20年の有期懲役となります。場合によっては500万円以下の罰金が併科されることもあります。併科とは、同時に2つの刑罰を科することを指します。つまり、有罪になれば刑務所に収監されるだけでなく、罰金も支払わなければならない可能性がないわけではありません。

  4. (4)営利目的での輸入・輸出・製造

    覚せい剤の輸入・輸出・製造が営利目的の場合における決定刑は無期限または3年以上の懲役で、1000万円以下の罰金も科される可能性があります。

    覚せい剤で罪に問われるとき、営利目的かどうかによって科される刑が大きく異なることになることを知っておきましょう。

2、覚せい剤で逮捕された場合の量刑の判断基準

覚せい剤取締法に規定されている刑罰は、前述のとおり各刑罰に大きな幅が持たされています。では、裁判ではどのように量刑が決められるのか、ご存知でしょうか。裁判所が量刑を決める際、4つの観点から判断されるケースがほとんどです。

●薬物犯罪の前科の有無
覚せい剤をはじめとする薬物犯罪は、再犯率が非常に高く、更生の可能性が低いとされる犯罪の1種です。したがって、以前にも覚せい剤取締法違反などの薬物犯罪で逮捕・有罪となったことがある場合は、量刑に多大な影響を与えます。

●使用量や使用期間、所持量など
覚せい剤を多く所持していた、長期間使っていた、たくさん使用したなどの「高い依存度」が推定できる場合は、罪が重くなる可能性があります。

●再犯の可能性
再犯率が高い覚せい剤取締法違反においては、再犯の可能性があるかどうかも量刑の判断に大きな影響を与えます。覚せい剤からの脱却をサポートする体制が整っていれば、有利に働くこともありますが、覚せい剤を容易に入手できる環境であると判断されると罪が重くなる可能性があるでしょう。

●営利目的で所持していたかどうか
覚せい剤取締法においては、所持目的が「単純所持」なのか「営利目的」なのかによって明確に刑罰が区別されています。前述のとおり、営利目的で所持していた場合は量刑が重くなります。

3、覚せい剤事件の特徴

覚せい剤事件は「被害者不在であること」や「逮捕・勾留されやすい」という特徴があります。ここでは覚せい剤事件固有の特徴について解説します。

  1. (1)示談ができず、不起訴になることが難しい

    傷害事件や窃盗事件などは必ず被害者が存在しますので、被害者と示談を成立させることで不起訴処分となることもあります。しかし、覚せい剤事件には被害者がいないため、示談は不可能です。

    このことから、覚せい剤事件は、被害者の処罰感情が和らいだなどの事情を主張できず、情状酌量してもらうための活動をしにくい面があります。覚せい剤取締法違反で、不起訴になる可能性があるのは「覚せい剤と知らずに所持していたこと」が立証できた場合など限られたケースです。

  2. (2)ほとんどの確率で勾留される

    勾留とは、逮捕後も引き続き身柄の拘束を続ける処分を指します。勾留が決定したら自宅に帰ることができません。

    痴漢の事件などは、罪を認めていれば勾留せずに在宅事件になることもありますが、覚せい剤事件は、関係者と口裏合わせをする、覚せい剤を処分してしまい罪証隠滅の可能性があるとみられて、勾留されることがほとんどです。勾留回避のために働きかけても認められないケースがほとんどです。

4、覚せい剤事件の弁護方針

最後に覚せい剤事件の弁護方針について解説します。覚せい剤においては、不起訴を目指すのではなく、より軽い量刑を目指すこと、起訴決定後は速やかに保釈請求を求めることが主な弁護活動になります。

  1. (1)罪を認める場合

    覚せい剤の所持などの罪を認める場合は、 逮捕後速やかに弁護士に弁護活動を依頼しましょう。

    逮捕後の72時間は、たとえ家族であろうと面会はできません。弁護士以外は接見できず、孤独な中で取調べが行われます。取り調べの際に発言した内容は取調べ調書に記録され、起訴・不起訴の判断や、裁判の際の重要な証拠となります。しかし、中には厳しい取調べに耐えきれず、不利な自白をしてしまう方も少なくありません。

    したがって、早い段階で弁護士を委任して、接見を依頼することは非常に重要なことです。弁護士は、この後の状況が不利になってしまわないよう、取り調べの受け方などについてアドバイスすることができます。

    また、依頼を受けた弁護士であれば、裁判に備えて「贖罪寄付(しょくざいきふ)」を行う際の対応も可能です。贖罪寄付とは、被害者が存在しない事件や被害者が不特定多数におよび確定できない事件において行われるもので、反省の気持ちを寄付にあらわすものです。

    さらには、再犯しないための環境を構築するなど、具体的なサポートの方法についてご家族にアドバイスすることもできます。たとえば更生施設への入所を決める、家族のサポート体制を整えるなどの状況を、冷静な視点を持つ弁護士が正しく主張することで、重すぎる罪を科されないようになる可能性があります。

    弁護士はこれらのサポートを含めて弁護活動を行います。逮捕のタイミングから弁護を依頼しない場合は、初動が遅れますので、できることが限られてしまう可能性があるでしょう。できるだけ早期に弁護士に相談することをおすすめします。

  2. (2)無実を主張する場合

    覚せい剤事件は、多くのケースで警察が証拠を確保しています。使用の場合は尿検査で覚せい剤成分が検出されていますので、無罪を主張することは難しいでしょう。しかし、覚せい剤と知らずに所持していた場合は、覚せい剤取締法の「所持」とはみなされませんので、無罪を主張できる可能性があります。

    その場合は弁護士と綿密な打ち合わせを行った上で、覚せい剤と認識していなかったと主張しなければなりません。覚せい剤取締法違反の起訴率は77.7%と非常に高く、逮捕されたら起訴を免れるのは非常に困難です。また、覚せい剤取締法違反だけでなくすべての刑事事件において、裁判が開かれた場合の有罪率は99.9%で、裁判になればほぼ有罪となり、前科が付くことになります。

    覚せい剤取締法違反において、不起訴や無罪を勝ち取ることは非常に困難といえるでしょう。覚せい剤所持容疑で逮捕されてしまっても、心当たりが一切ないときは、逮捕後なるべくはやく弁護士に連絡をとり、今後の流れや無罪の見込みについて相談しましょう。

5、まとめ

覚せい剤取締法違反は、起訴率が高く、逮捕されると高確率で刑事裁判が開かれることになります。また、逮捕後は勾留されることがほとんどで、長期にわたる身柄拘束を受けることによって、社会生活の基盤を失うことになりかねません。

そのような事態に陥らないためにも、弁護士にいち早く弁護活動を依頼し、起訴後の保釈を求めることや、罪の軽減を求めることが重要です。

覚せい剤事件で逮捕された方、逮捕される可能性がある方、またはそのご家族は、ベリーベスト法律事務所 大阪オフィスへご相談ください。覚せい剤事件においては逮捕された後の初動段階のスピード感が今後の人生を大きく左右するといっても過言ではありません。刑事事件に対応した経験が豊富な弁護士が、適切な弁護活動を行います。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

大阪オフィスの主なご相談エリア

大阪市北区、大阪市中央区、大阪市西区、大阪市浪速区、大阪市西成区、大阪市港区、大阪市此花区、大阪市西淀川区、大阪市東淀川区、大阪市東成区、大阪市天王寺区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市旭区、大阪市福島区、大阪市都島区、大阪市城東区、大阪市生野区、大阪市阿倍野区、大阪市東住吉区、大阪市淀川区、大阪市鶴見区、大阪市平野区、大阪市住之江区、豊中市、池田市、箕面市、豊能郡、能勢町、豊能町、高槻市、吹田市、茨木市、摂津市、三島郡、島本町、枚方市、寝屋川市、守口市、大東市、門真市、四条畷市、交野市、東大阪市、八尾市、柏原市にお住まいの方

ページ
トップへ